オオタカに出会う

オオタカ
猛禽類はトビやノスリは別にしてのんびり飛んでないので飛行中に見分けるのが難しいです。
このオオタカもとりあえず撮っておくか~という事で連写した写真を後で見て分かりました。
一応猛禽類の見分け方の本をいろいろ持っていますので、それを参考に判別しています。
オオタカという根拠は「翼先分離が6枚、翼の鷹斑が不明瞭、眉斑が明瞭、丸尾、上面が青灰色、尾の上面の横帯に微妙な白縁取りが有る」という理由からです。
もし間違いがあれば御指摘下さい。オオタカ
オオタカ
オオタカ
オオタカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です